前へ
次へ

社会人としてのマナーである名刺交換

日本で仕事をする上で名刺交換は基本的なマナーであり、その人の第一印象を左右する重要なものです。
基本的なマナーの中には気を付けておかなければならない事がいくつもあります。
まず一つ目が、名刺はお仕事を頂く目下側から差し出す事です。
次に差し出す時は机などを挟まないようにします。
交換の際はお互いに立ち相手側に移動をして両手で渡します。
また渡す際は、会社名や名前などをはっきりとした口調で伝える事が大切です。
そして受け取る際は「頂戴いたします」と伝えます。
受け取った後のマナーも重要です。
受け取った後は自分の名刺入れの上にのせ、着席したら自分の左側に並べます。
もし交換した相手が複数いた際は相手の座っている順番で並べます。
またしっかり管理する事も社会人としてのマナーです。
名刺入れにそのまま入っているといったような事はあってはなりません。
その人の個人情報ものっています。
しっかり管理しておけばその後の仕事で使える日が来る可能性もあります。
会社に戻ったらすぐにでも管理用のボックス等に保管をする事が大切です。

Page Top